CATEGORY HTML/CSS

ブログ向けレンタルサーバーの選び方 ~お名前.comは安定して遅い~

さて、今回は、ブログを運営するためのレンタルサーバーの選び方について記事を書きました。 僕もブログを運営するために、レンタルサーバーを借りていますが、たくさんの業者があり、それぞれがメリット・デメリットを持っています。 僕の体験やレンタルサーバーの仕様等に基づいて、レンタルサーバーを選ぶ基準、おすすめのレンタルサーバーを紹介しようと思います。 お名前.comのレンタルサーバーは遅い 突然disから入るのは大変心苦しいのですが、大事なことなのでお伝えしておきます。 僕は、この記事公開時点、このブログをお名前.comレンタルサーバー(SD-11)で運営しています。 あなたもお気づきかと思いますが、すごく遅いです。 僕も日々イライラしています。 しかし、お名前.comは、王道なだけあってか、非常に安定しています。 すなわち、安定して遅いということですね。笑 こんなにも遅い理由は、いくつか考えられます。 共用サーバーは他の人に影響される 共用サーバーとは、1台のサーバーを複数人で同時に利用します。 そのため、他のユーザーのサイトにアクセスが集中していると、あなたのサイトも少なからず影響を受けてしまいます。 例えて言うなら、水道のようなものですね。 家の中で、1つの蛇口で水を出していて、他の蛇口からも水を出すと、勢いが弱くなりますよね。 PHPがCGIモードで動く 多くのブログがWordPressというソフトウェアを使用しているかと思います。 これは、PHPという言語で動作します。 PHPを動かすには、モードが2種類あります。 […]

あなたのWebサイトはHTTPS化していますか?常時SSL化していますか?

今回は、HTTPSの重要性、HTTPのままだとどうなるのかを徹底解説していきます。 HTTP・HTTPSとは HTTPとは、通信プロトコルの一種で、通常Webサイトは、HTTPで通信されます。 HTTPSとは、HTTPを暗号化したもので、インターネット上で個人情報を扱うことが多くなり、HTTPSが浸透していきました。 しかし、未だにHTTPのみにしか対応していないサイトが数多く存在します。 HTTPS化の必要性 そもそもHTTPSが必要なのには理由があります。 前項でも書きましたが、最近はショッピングサイトや何かの申し込みサイトなどで、個人情報を送信するなど、インターネット上で個人情報を取り扱う機会が多くなりました。 それを暗号化されていないHTTP通信で行うとどうなるのでしょうか。 通信途中で第三者に盗み見られたり、情報を悪用される危険性があります。 すなわち、そのような情報を送信するときには、HTTPS通信かどうかを確認しましょう。 HTTPSかどうかを判断するには 少し本題から離れますが、HTTPS通信かどうかを判断するのはかんたんです。 ブラウザのURLボックスの左側に鍵マークがついていれば、HTTPSで通信されています。 HTTPS化するには あなたのサイトをHTTPSで通信させるにはいくつかの作業が必要になります。 しかし、それはあなたが使っているサーバーなどの環境によって全く異なるので、抽象的に紹介します。 HTTPS通信の仕組みとして、証明書のやり取りを行いながら通信を行います。 その証明書がSSL証明書と呼ばれます。 この証明書は、無料のものも有料のものもあります。 […]