CATEGORY New Product

【Apple】iPhone SE、ついに発売!!

Appleは日本時間の4月16日午前0時頃、新しいiPhone SEを発表した。 発売は、日本時間の4月24日で、予約注文は日本時間の4月17日午後9時から受け付ける。 画面サイズは、4.7インチモデルのみで、カラーラインアップは、ホワイト・ブラック・PRODUCT(RED)の3種類。 64GB 128GB 256GB iPhone SE 4.7″ \44,800 \49,800 \60.800 すべて税抜き価格 また、iPhone SEの発表に合わせて、iPhone 8/iPhone 8 Plusの販売が終了した。 主な機能 […]

【Apple】14インチMacBook Pro、5月発表か

FRONT PAGE TECHのJon Prosser氏は、全てが順調に行けば、新しい13インチMacBook Proが5月に発表されるとの予測を示した。 これは、かねてからMing-Chi Kuo氏が、6月までに発表されると予測している、14.1インチMacBook Proにあたる可能性が高い。 4月1日にJon Prosser氏は、2020年6月にオンラインで開催される予定の”WWDC 20“にて新型MacBook Proを発表する可能性があるとの予測を示していた。 そのうえで、5月に新型MacBook Proが発表されたとしても、WWDCでもMacBook Proに関する発表があるとコメントしている。 14.1インチMacBook Proには、16インチMacBook Proと同様に、物理escキーを復活させたシザー式キーボードを搭載すると見られているほか、mini-LEDディスプレイを搭載するという噂もある。 【関連】14インチMacBook Proと新型iMacProを年内発売か

【Apple】iPhone SE、現地時間4月15日にも発表か

FRONT PAGE TECHのJon Prosser氏は自身のTwitterで、低価格帯の新型iPhone (iPhone SE)を現地時間の4月15日にも発表するとの予測を示した。 9to5Macによると、かねてから”iPhone SE 2″や”iPhone 9″などと呼ばれてきた低価格帯の新型iPhoneの名称が”iPhone SE“になるという。 ラインアップは、ホワイト・ブラック・PRODUCT(RED)の3色でそれぞれ64GB・128GB・256GBが展開される見通し。 新型iPhone SEは、iPhone 8の筐体を使用した4.7インチディスプレイを搭載し、プロセッサはiPhone 11と同じく”A13 Bionic“、3GBのRAMを搭載すると見られ、価格は\43,800となる見通し。 これと並行して準備されていると見られる5.5インチモデルは、未だ生産が完了しておらず、4.7インチモデルと同時には発売されないとされている。

【Apple】ARMベースのMacを2021年にも複数機種発表か (MacRumorsより)

MacRumorsより アナリストのMing-Chi Kuo氏はMacRumorsの調査の中で、Appleが独自のARMベースプロセッサを搭載したラップトップ・デスクトップ両形態のMacを複数機種、2021年にリリースすることを計画していると伝えた。 Kuo氏は、ARMベースプロセッサは、Macシリーズのラインアップの競争優位性を高め、AppleはIntel製プロセッサのリリース状況に影響されずにMacのモデルチェンジを可能にし、プロセッサのコストを40~60%程度削減することができ、ハードウェア面においてWindowsPCとの差別化を図ることができるだろうと考えている。 Kuo氏は今月初めに、Appleで初めてARMベースプロセッサを搭載したラップトップのMacを2021年の第1四半期にも発売するだろうと述べていた。 またKuo氏は、ASMedia TechnologyがARMベースのMac用USBコントローラーの独占サプライヤとなると予測しており、台湾の集積会と設計者は、2022年にMacがUSB4をサポートすることで恩恵を受けることになると述べている。 USB4は、Thunderboltをロイヤリティフリーで利用できるようにするというIntelの目標の一環として、ThunderboltとUSBのプロトコルを統合し、DockやeGPUなどのThunderboltアクセサリをより広く、より安価に入手できるようになる。 新しいUSB4の使用は、2019年9月に発表されており、Appleは2022年のMacに間に合うように実装する十分な時間がある。 【関連】ARMベースのMacを2021年前半までに発表か (9to5Macより)

【Apple】iPhone 12、10月または11月にも発売か

FRONT PAGE TECHのJon Prosser氏は、AppleがiPhone 12と見られる新型iPhoneを例年通りの9月ではなく10月もしくは11月に発表・発売するとの予測を示した。 Appleは、新型コロナウイルスの影響で、Appleのエンジニアチームが中国本土へ渡航することを4月末まで禁止しているため、iPhone 12のプロトタイプも完成していないと見られている。 iPhone 12の量産開始は、5月に予定されていたが、計画は2ヶ月ほど遅れており、Jon Prosser氏は、”間に合わないだろう”と指摘している。 新型iPhoneの発表イベントが、例年とは異なり10月に開催される可能性がある。

【Apple】iPhone 12、iPhone 13、iPhone 14でカメラがさらなる進化を遂げる

アナリストのMing-Chi Kuo氏によると、2020年に登場すると見られるiPhone 12シリーズの上位機種の手ブレ補正機能が改良され、6.7インチモデルの広角レンズが7枚構成となり、イメージセンサーサイズが1/1.9インチまで大型化するという。 また、iPhone 13シリーズでは、2~3機種でイメージセンサーシフト式手ブレ補正に対応するそう。 さらに、iPhone 14シリーズでは、ペリスコープカメラが搭載されると見られている。 iPhone 12におけるカメラのアップデート(予測) iPhone 12シリーズの上位2機種の広角レンズは7枚構成となるが、イメージセンサーサイズは1/2.6インチになる模様。 iPhone 12シリーズのラインアップは以下のようになる見通し。 5.4″モデル : OLEDディスプレイ / 2レンズカメラ 6.1″モデル : […]

【Apple】AirPower開発再開か

FRONT PAGE TECHのJon Prosser氏によると、Appleは、iPhone・Apple Watch・AirPodsを同時充電できるワイヤレス充電器“Air Power”の開発を再開した可能性があるという。 昨年3月、ワイヤレス充電に対応した新型AirPodsが発表・発売された直後、熱問題などの理由から、AppleがAirPowerの開発中止を公式に発表し、世界中で悲しみの声が聞こえた。 そのおよそ3ヶ月後には、AppleがAirPowerの商標登録を行ったことが判明し、今年の1月、Ming-Chi Kuo氏による複数の新製品が発表されるとの予測の中にAirPowerの小型モデルなるものが含まれていた。 Appleは、発熱を分散させるためにワイヤレス充電コイルの配置を見直し、プロトタイプに着手しているとのこと。 Appleにとって、Apple Watchのワイヤレス充電が最大のハードルであるとし、開発中のAirPowerプロトタイプは、いずれもApple Watchのワイヤレス充電をサポートしていないという。 AirPowerマットがいつ発売されるかなど詳細は未だ不明。

【Apple】iPad Proの5G対応モデルは年内発表か A14Xチップ搭載

FRONT PAGE TECHのJon Prosser氏は、Appleが年内に、5G通信モデムとA14Xチップを搭載したiPad Proを発表するという予測を示した。 これは、先日発表されたiPad Proのマイナーアップグレードモデルと位置づけられる見通し。 【関連】新型iPad Proを正式発表 トラックパッド内蔵のMagic Keyboardも登場! ミニLEDディスプレイを搭載したiPad Proの発表は、2021年になると見られている。

【Apple】iPhone 12発売は11月以降か

FRONT PAGE TECHのJon Prosser氏は、”iPhone 12が大幅に遅れている”とし、11月まで発売されない可能性を指摘した。 新型コロナウイルスの影響もあると見られている。 台湾のメディアでは、iPhone 12の発売が大幅に延期され、2021年までずれ込む可能性もあると報じた。 一方、Bloombergでは、世界各地のサプライヤーが新型コロナウイルスの影響を受けているにも関わらず、iPhone 12は今秋にも発売できる見通しだと伝えている。 サプライチェーン関係者によると、Appleは、中国の工場が閉鎖していた2月の間に、数台の試作機の開発に成功したそう。 Appleは、新型iPhoneのデザインを発売する年の前年の11月から12月にかけて決定し、4月中には筐体の量産を開始、5月には最終製造工程に移る。 ただし、Appleのエンジニアチームが中国へ渡航できない場合、発売時期が遅れる可能性もある。

【Apple】新型iPad Proを正式発表 トラックパッド内蔵のMagic Keyboardも登場!

Appleは日本時間の18日、新型iPad Proを正式発表した。 発売日は3月25日。 トラックパッド内蔵・バックライト搭載 iPad Pro専用のMagic Keyboard iPad Pro本体とマグネットでくっつく構造で、角度を自由に調節できる。 横のUSB-Cポートから充電が可能。 また、トラックパッド・マウスは、iPadOSに最適化された使い方になる。 Magic Keyboardは、2018年モデルのiPad Proとの互換性がある。 価格は、11インチ用で\31,800、12.9インチ用で\37,800。 発売は5月の予定。 Magic Keyboard以外にも、Smart Keyboard Folio、Smart […]