【レビュー】とにかくコンパクトで本格的!! iClever Bluetoothキーボード IC-BK11

【レビュー】とにかくコンパクトで本格的!! iClever Bluetoothキーボード IC-BK11

今回紹介するのは、僕が2019年12月に購入したiClever Bluetoothキーボード IC-BK11

今回はこの商品の1ヶ月使用レビューをお届けします!

コンパクトながら本格的

この商品の魅力は、なんと言ってもコンパクトさ。

AirPodsと並べるとこんな感じです。

それでいて、本格的なキーボードです。

パンタグラフキー構造を採用しているとのこと。

キーストロークは浅めで、パチパチといった音がします。

iOS/Android/Windowsに対応したショートカットキー

iOS(iPadOS 含む)モード、Androidモード、Windowsモードに切り替えられ、それぞれに合わせたショートカットキーが割り当てられています。

  • ホームボタン
  • 検索
  • 全選択
  • コピー
  • ペースト
  • カット
  • 戻る
  • 巻き戻し
  • 再生/一時停止
  • 早送り
  • 音量

3台まで接続・切り替えが可能

Bluetooth5.1規格により、3台のデバイスをシームレスに切り替えることが可能です。

ぶっちゃけ、僕は、複数デバイスで使わないので、この機能は、あまり必要ありません。

しかし、仕事用・プライベート用で別端末を持っている方には嬉しい機能かもしれませんね。

1回の充電で最大60時間

充電するのを忘れそうなくらい使用可能時間が長いです。笑

しかし、 個人的には、microUSB充電なのが残念なポイントです。

コスパがいい

これだけ機能がついていて、お値段なんと、\4,599。

しかも僕は、サイバーマンデーセールで購入したので、\3,500ほどで購入しました。

購入ページ

布製の携帯用の袋も付属してきます!

残念ポイント: 特殊なキー配置

コンパクトさを実現するには、仕方ないのですが、キー配置が少々特殊。

  • F1~F11キーが0~1キーと同じキー
  • F12キーとTabが同じキー
  • エスケープと~(チルダ: JIS配列で言う半角/全角キー)が同じキー
  • ] キーがスペースキーの隣
  • \キーがPキーと同じキー

また、数字キー、TabキーとBackspaceキー、[ キー、ピリオド、カンマ、スラッシュキーがすごく小さいです。

やはり、PCのキーボードでタイピングするよりもミスタイプが増えたような気がします。

なぜこの商品を購入したのか

今まで、カフェで時間をつぶすために、PCを使っていました。

“スマホでいいじゃん”と思う方もいるかも知れませんが、キーボードが無いと困るので、しょうがなくPCを使っていました。

もちろんBluetoothキーボードには目をつけていて、いいのがないかと、探していました。

すると、San Francisco でソフトウェアエンジニアとして働きながら、YouTubeにVLOGなどを上げている、drikinさんがこのキーボードを使っているのを見て、”これだ!”と思い、購入しました。

これを買ってから、PCを持ち運ぶ時間がすごく短くなりました。

外で、ちょっとしたタイピングをする方には、非常におすすめです。

ぜひ購入してみてください!

商品の購入はこちらから!

Gadgetカテゴリの最新記事