JavaScript is not available.
New Article

ワークスタイル別で見る正しいOSとマシンの選び方

今回は、いつもいろいろな人から質問をいただくので、正しいOSの選び方についてお伝えしようと思います。

実は、このような内容で、以前にも記事を書いたのですが、今回はワークスタイル別に見ていくので、あなたにぴったりな1台が見つけられるようになっています。

ぜひ最後までご覧ください!

Office Workerスタイル

これは、持ち運ぶことが多く、マシンスペックを必要としない作業をメインに行うことを前提としています。

ということで、軽さと薄さを追求したラップトップをおすすめします。

基本は、MacをおすすめしますがWindowsでも構いません。

好き嫌いや慣れによって、作業効率が変わってきますので、自分にあったものを使いましょう。

最近のiPadは一昔前のiPadに比べて格段に進化しています。

そのため、バリバリ働くオフィスワーカーの仕事量にも耐えうるパフォーマンスを発揮してくれます。

下3つのWindows PCは、非常に軽量で、持ち運ぶのにおすすめです。

Surface Pro Xは、4GLTEに対応し、どこでもインターネットに接続できます。

Creatorスタイル

ここで言うクリエイターとは、写真や動画の編集などを行う人を指します。

写真を扱うことが多い場合、iPadを持っているでしょうからPCのおすすめをいくつか紹介します。

クリエイターの場合、場所が固定されている人と割とアクティブな人に分かれるかと思うので、ラップトップとデスクトップの両方を見ていきましょう。

ラップトップ

そこそこグラフィックス性能が高いマシンなら、家ではディスプレイと接続することで、デスクトップとして使うこともできます。

デスクトップ

デスクトップの場合、iMac・iMac Pro・Mac Proを使わない限り、基本自作することをおすすめします。

クリエイターの方は、基本Macを使われる方が多いので、Windowsを使われる方は、相当PCに詳しいかと思うからです。

もし自作は面倒くさいという方には、BTOパソコンをおすすめします。

Developerスタイル

デベロッパーと言ってもいろいろありますし、他の分野に比べて特に好き嫌いが別れます。

この記事を見ているということは、おそらく初心者の方だと思うので、これからプログラミングを始めようもしくは始めたての方向けにおすすめを紹介していきたいと思います。

クリエイターと同様に、外でも中でも使うことが多いと思います。

なので、普段はラップトップとして、家ではディスプレイに接続してデスクトップのように使うのが良いでしょう。

これを踏まえて、おすすめはこちらです。

基本、プログラミングにはMac(かLinux)をおすすめします。

Gamerスタイル

デベロッパーとは反対に、ゲーマーはWindows必須ですね。

最近ゲーミングMacの発表が密かに囁かれていますが、ほとんどのPCゲームがWindowsにしか対応していないのが現実です。

また、ゲーム用マシンを自作することが多いと思うので、Windowsにせざるを得ないですね。

基本はデスクトップをおすすめしますが、以下のようなゲーミングラップトップもあるので、快適かどうかはおいておいて、ゲームができる環境を手に入れられます。

さいごに

あなたに合うスタイル・マシンを見つけられましたか?

大きな買い物だと思うので、しっかりと考えて後悔しないようにしましょう。

というのも、僕が今使ってるPCを買ってからすごく後悔しているからです。

これについてはいつか記事を書こうと思うのでお楽しみに!

最後までご覧いただきありがとうございました。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *