JavaScript is not available.
New Article

ブログ向けレンタルサーバーの選び方 ~お名前.comは安定して遅い~

さて、今回は、ブログを運営するためのレンタルサーバーの選び方について記事を書きました。

僕もブログを運営するために、レンタルサーバーを借りていますが、たくさんの業者があり、それぞれがメリット・デメリットを持っています。

僕の体験やレンタルサーバーの仕様等に基づいて、レンタルサーバーを選ぶ基準、おすすめのレンタルサーバーを紹介しようと思います。

お名前.comのレンタルサーバーは遅い

突然disから入るのは大変心苦しいのですが、大事なことなのでお伝えしておきます。

僕は、この記事公開時点、このブログをお名前.comレンタルサーバー(SD-11)で運営しています。

あなたもお気づきかと思いますが、すごく遅いです。

僕も日々イライラしています。

しかし、お名前.comは、王道なだけあってか、非常に安定しています。

すなわち、安定して遅いということですね。笑

こんなにも遅い理由は、いくつか考えられます。

共用サーバーは他の人に影響される

共用サーバーとは、1台のサーバーを複数人で同時に利用します。

そのため、他のユーザーのサイトにアクセスが集中していると、あなたのサイトも少なからず影響を受けてしまいます。

例えて言うなら、水道のようなものですね。

家の中で、1つの蛇口で水を出していて、他の蛇口からも水を出すと、勢いが弱くなりますよね。

PHPがCGIモードで動く

多くのブログがWordPressというソフトウェアを使用しているかと思います。

これは、PHPという言語で動作します。

PHPを動かすには、モードが2種類あります。

  • CGIモード
  • モジュールモード

CGIモードはモジュールモードよりも遅いと言われています。

しかし、お名前.comだけでなく、共用サーバーを提供している多くのレンタルサーバー業者は、メンテナンスやマネージメントなどの観点から、CGIモードでしか動作しないようにされています。

レンタルサーバーを選ぶ基準

PHPはモジュールモードで動くか

前項でも書いたとおり、PHPはモジュールモードで動かしたほうが速いと言われています。

PHPをモジュールモードで動作させることが可能かどうかがかなり重要な観点になります。

SSDかHDDか

SSDはHDDよりも速く、最近のPCはSSDが主流になってきています。

しかし、レンタルサーバーでは、未だにHDDが多く残っています。

HDDとSSDの違いはかなり大きいです。

ブログのように画像などの大きなデータのやり取りをするときにはその差が大きく出てきます。

プランによって異なりますが、多くの場合、HDDよりもSSDのほうが容量が少ないです。

しかし、ブログを運営するだけであればそこまで容量は必要ないので(とりあえず20GBもあれば十分)、速さを重視しましょう。

SSL証明書の発行が可能か

HTTPSおよびSSLについては先日記事を書いたのでよろしければご覧ください。

SSL証明書は必須です。

コントロールパネルが使いやすいか

サーバーを管理するコントロールパネルが使いやすいかどうかも重要です。

これは、使ってみないとわかりませんが、画像が見れたりするので確認してみてください。

お名前.comのレンタルサーバーは、SDプランのコントロールパネルは最悪で下が、RSプランになり、大分使いやすくなりました。

価格

お名前.comは月額1,000円程ですが、安いのであれば数百円で利用できるものもあります。

おすすめのレンタルサーバー

前項の内容を踏まえて…

さくらのレンタルサーバー スタンダードプラン

これが、ダントツで一番です。

PHPはモジュールモードで動くし、SSD20GBあるのに…

お値段なんと、月額524円です。

最高じゃないですか?

このサイトも、近々、さくらのレンタルサーバーに移行する予定です笑

さいごに

いかがでしたか?

レンタルサーバーはたくさんありすぎて、選ぶのがほんとに大変です。

よくわからん!という方は、ぜひ、さくらのレンタルサーバーを使ってみてください。

質問などはコメント欄で受付中です!

お気軽に投稿してください!

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *